幼児の水虫に似た症状は汗疱状湿疹かも

手や足の皮が剥けたり小さな水ぶくれが出来てかゆみがある。
こんな症状を聞いたら「水虫だ」と思ってしまうことも少なくありません。
しかしその症状は、汗疱状湿疹かもしれません。

汗疱状湿疹は、水虫と同じようにかゆみが出てくるものです。
発症する時期も水虫の働きが活発になる春から夏にかけての時期が多いため、水虫と汗疱状湿疹は間違えられがちです。
白癬菌というカビの一種が繁殖してしまう水虫と違い、汗疱状湿疹は自分の汗が原因で発症すると言われています。
幼児から高校生くらいまでに多く発症するとは言われていますが、成人になってから発症する人もいます。
水虫とよく似ているため市販の水虫用の抗真菌薬を使ってしまい、症状が悪化してしまうケースも多くあると言われています。
一度症状が発症してしまうと、幼児は加減を知らないため、土で遊んでしまったりして雑菌に触れてしまうことが多いことが理由で悪化してしまうケースが多くあります。
水虫は白癬菌が感染することで発症するため、幼児の場合では一緒に遊んでいるうちに移してしまう可能性があるのですが、汗疱状湿疹は自分の汗が原因のため、一緒に遊んでいても感染してしまうことがないのは安心できる点です。

治療方法としては、皮膚科を受診しましょう。
最初に市販の薬を使用してしまうと悪化させてしまう可能性があるため、まずは病院で受診を行うようにします。
外用薬や、かゆみを抑えるための内服薬などが処方されることもあります。
また、症状が出たらこまめに手を洗うことも自分でできる対応策の一つです。
手を洗えない環境の時は幼児の手の汗を拭きとったり、掻いてしまわないように保護者が対策を行うことが必要となります。