水虫の菌を殺す薬とかゆみを抑える薬は同じもの?

水虫が悪化した足のイメージかかってしまうと長引く厄介さと自分がなってしまったというショックがある水虫。
老若男女問わずなのがまたつらいところです。
角質が気になったり水ぶくれのような症状に驚いてしまいます。
放置していくと感染範囲が広がっていくことがあります。
あまりに放置しすぎて重い進んだ症状になると皮膚科に行く必要が出てきますが、できれば市販薬での治療で済ませたいところがあります。
水虫のかゆみはまだ軽めの症状だと言われ、かゆみと殺菌とが浮かびますが、大抵は両方の成分が含まれており病院で扱う薬とともに大きな差はないものだと言われています。
かゆみか殺菌どちらかに特化したような薬はあるものの、自分の症状などに合ったものを使用することになります。
スプレーやクリームなど数多くの種類があり、かゆみや炎症を鎮め方の違いは成分やスプレーかクリームかによって違いがあります。
アレルギーの原因を抑えたり麻酔のように鎮めていくものかの違いです。

炎症を抑えるステロイドやまた水虫以外のかゆみや炎症に効果的な薬までさまざまです。
殺菌効果では角質に潜んでいる水虫の原因菌であるいわゆるカビを殺菌し、さらなる拡大を防いでいきます。
成分は尿素配合や抗真菌剤になります。
このように水虫用の薬であれば殺菌とかゆみを抑える薬は含まれています。
しかし、即効性があっても症状はまだ水虫は潜んでいることが多く、長く使用し続けることが治療への完治させる方法になります。
薬にはさわやかなスプレーから塗り薬以外にいろいろな水虫対策としての薬があります。
成分や香りが患部をやわらげて気になりにくいものが多いので、使いやすく自分の治療に向いた治療薬が見つかれば、うまく水虫を治して生活していくことができます。